販売士検定に独学で挑戦

販売士3級を受験した感想

 販売士3級の試験は近くの商工会議所で受けました。とても暑い日で商工会議所に着いたときは汗がびっしょり。 試験場はエアコンが効いていたので、ホッと一安心です。

 試験開始まで40分ほどあったので、参考書の例題で間違えた所を確認していました。 学生らしき受験生が大勢いたためあまり集中できませんでしたが、すごく静かな環境よりリラックスできたように思います。

 10分ほど前に席に着きました。電卓と受験票、筆記用具を机に並べ、受験票をなんとなく見ていたらあることに気が付いたのです。 なんと身分証明書を忘れてしまったのです。

 非常にあせりました。試験員の方に事情を説明すると、後日身分証明書のコピーを送付すれば良いということで、 その用紙を受け取りなんとか無事受験することができました。これから受験する方は良く確認してくださいね。

 販売士3級検定試験の答案用紙はマークシートだったのですが、あまり見慣れなれていなかったので、 少し戸惑いました。試験員の方の説明を落ち着いて聞いて、あわてないように努めました。

 ひとつ気になったのが、受験には計算用具を持参して良いことになっていたのですが、 私の隣の受験生は計算用具を持ってきていませんでした。3級の試験での計算問題は暗算でもできると思いますが、 個人的には電卓などの計算用具があったほうがいいと思います。時間短縮にもなるしケアレスミスも防げると思います。

 試験が終わったら途中のコンビニで菓子と飲み物を買いまっすぐ帰宅しました。疲れました。