販売士検定に独学で挑戦

販売士2級を受験した感想

 販売士2級の試験は3級の時と同じ商工会議所で受けました。

 天気予報では雨が降りそうでしたが、なんとか止んでくれたので自転車で試験場に向かいました。 途中で朝食のおにぎりと飲み物を購入し試験の30分前に到着。おにぎりを食べながら試験開始を待ちました。

 3級の時は受験生が大勢いたのでにぎやかでしたが、今回は10数人でしたので静かで逆に落ち着かなかったです。

 10分前に席に着きました。3級の受験で身分証明書を忘れてしまいあせりましたが、 今回はしっかり持参してきたので落ち着いて準備できました。

 試験前に必要事項を記入するのですが、あまり経験のないマークシートへの記入ということで、 集中して試験員の方の説明を聞きました。3級の時は少し慌てましたが、今回は3級の時より落ち着いてできたと思います。

 そして試験が開始しました。3級との違いは途中で休憩があり時間も長い事です。前半80分後半120分でした。 前半はあっという間に過ぎましたが、後半はかなり余裕がありました。

 後半時間に余裕ができたので問題用紙に答えを全部メモしました。なぜなら、試験後数日で解答速報がインターネットで見れるからです。 3級の時は答えをメモしなかったので正確な採点ができなかったので。

 ここで1つ気づいた事があります。それは解答の記入箇所が数ヶ所ズレいたのです。 例えば、[ア]の解答欄に[ア]と[イ]の解答を記入してしまっている感じです。 ズレの確認は短時間で済むので、これから試験を受ける方は気を付けてください。私は4箇所ズレていました。

 最終的に20分残して退室しました。こんな事書くとずいぶん余裕ではないかと思われるかもしれませんが、 決して自信があったわけでなく、どうすることもできなかっただけです。 合否とは関係なく、試験自体は3級の時を同じように難しく感じました。